セブ島についての基礎知識

◎セブ基本情報
セブ州はセブ島、マクタン島など167の島々から構成されているリゾートアイランド。
  • 面積:セブ島全島で4422平方キロメートル
  • 人口:約385万人
  • 気候:6~12月雨期 1~5月乾期
一年を通して気温は25度から35度前後と暖かく、日本の夏の服装でOK。
12月から2月は気温も比較的低くて過ごしやすく、雨も少ない。5月が最も暑いことが多い。
◎言語
公用語はフィリピン語(タカログ語)と英語になります。セブ地域ではセブアノ語(ビサヤ語)が話されています。
フィリピンはアジアで最も英語通用度の高い国で、英語を話す人口の多さは世界で第3位。(1位はアメリカ、2位はイギリス)
電圧/220V  プラグは日本と同じですが、電圧が違うので日本の電化製品を使うときは変圧器が必要。
◎物価
フィリピンの物価は日本の3分の1〜6分の1くらいです。
娯楽費の目安として、マッサージ(1時間400円)、映画(300円)、ダイビング(1本3000円)など、日本に比べたらだいぶ安く感じると思います。
◎治安
セブ島は多くの外国人が旅行に訪れたり暮らしている所ですので比較的安全に過ごす事ができます。
しかし、置き引きやスリなどはどこでも起き得る事ですので貴重品類には注意をしてください。
外出の際には、貴金属類を身に着けたり、大金を持って歩くなどの行動はお控えください。 

セブの写真